愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

今日も僕は生きました、明日もこうやって生きていくと思います。

22日の金曜日が何とか終わった。今朝は心療内科も行ったし、なんだか変に疲れた。

でもおばさんに小言を言われることのなかった一週間だったから、

それだけでもずいぶん気が楽だったともいえる。ただ出勤時には泣いたけど。

 

心療内科で不安と恐怖が強いことを話したら薬を変えられた。

リフレックスがパキシルになった。

パキシル、ネットの評判すこぶる悪いから気になるな。

 

ネットの評判信じるか、医者を信じるか。

一回飲んでみて調子悪くなったら、飲むのやめよう。

薬飲む、飲まないってことだって、自分の体の事なんだから、

自分で決めていいって思う。何か、そう思う。

 

勝手に薬飲むのやめるのはよくないとか、ネットに書いてあるけど、

自分の体の事、自分で決めさせてくれよ。

調子よくなるんなら飲むけど、調子悪くなるのなら、やめるよ。

 

今日、仕事中に社員に怒鳴られた。別に僕がミスをしたわけじゃない。

その社員の声が聞き取りにくかったのだ。あと、何を言っているのか、

わかりにくかったのだ。要するに語彙が足りなかったのだ。

どうしていいかわからない僕に、そいつは怒鳴った。

 

僕は怒鳴られると瞬間的に怒鳴り返す癖がある。

実兄に虐められてきた子供の頃の癖だ。

でも、流石におっさんになってからは、そういうことをしていないので

今日も瞬間的にムカッと来たけど、抑えた。

抑えるの、ホントはよくないんだよ。言いたいこと言った方がいいんだよ。

怒鳴るな、って言えば良かった。

 

前の仕事でも怒鳴るやつがいた。そういうやつに限って語彙が圧倒的に足りない。

何を言っているのかとても分かりにくい。僕の理解力が低いこともあるんだろう。

僕みたいな馬鹿にもわかるように言ってくれよ。

でも、そういうやつは怒鳴って、威嚇して、怖がらせて、

自分の意見を押し通そうとする。自分の思うように相手を動かそうとする。

 

でも僕は逆に動かなくなる。瞬発的に怒鳴り返そうとしてしまうし、

相手に敵意を感じてしまう。そんなどうでもいいことで敵意なんて持ちたくないし、

そういう所でエネルギーを使いたくないのだ。

僕は歳取って丸くなったのか、病気のせいなのか、怒鳴り返しもせず、

言い返しもしなかった。でも、やっぱり怒鳴るなって言わなきゃダメなんだと思う。

 

話は全く違うけどこのブログ、開設一年らしい。

はてなからメールが来てはじめて知った。

 

記事のほとんどが僕の心の中のもやもやを文字にしたもの。

写真をアップするわけでなし、何か為になることが書いてあるわけでなし、

泣き言と愚痴、心の悲鳴がそのほとんどを占めている。

そのほとんどを、50のおっさんが毎日泣きながら書いている。

 

こんなブログでも、読んでくださる人がいる。コメント下さる人がいる。

本当に感謝しかない。本当に有難うございます。

 

まだまだ怖さが強くて、毎日とても生きずづらいけれど、

今日も僕は生きました、明日もこうやって生きていくと思います。