愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

明日が怖い、まだまだ怖い。

6月7日日曜が終わってしまった。いつも日曜が終わる時に、

先週の頑張りが無になってしまったように感じるのはなんでなんだろう。

 

どんなに有意義に時間を使おうと頑張っても、休日の時間が矢のように過ぎて

もっとできることがあったんじゃないかと感じるのはなんでなんだろう。

不安と恐怖はやはり、心に張り付いている。風呂に入りながら、一人泣いた。

 

「反応しない練習」という本を買い、キンドルで読んでいる。

現実と妄想を分けるようにしている。まだやり始めだから、不安も怖さはそこにある。

不安障害とうつを何とか改善するために、何かを始めたかった。

 

明日から子どもたちは1日学校生活が始まる。

子どもの顔を観られる時間が、その分減る。

こんなことを言ってはよくないのかもしれないが、正直寂しい。

 

眠れないのが嫌なので、さっきセニランとアルプラゾラムを飲んだ。

まだ薬に頼る部分があるけれど、薬はうまく使っていくしかない。

心がざわついて、全く落ち着かない。緊張がまた体を覆って来ている。

明日が怖い、まだまだ怖い。