愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

ぐったりと疲れてしまった。

6月8日月曜日、終了。今日はものすごく疲れてしまった。

朝、泣きながら、起床するのにも時間がかかり、

出勤するまでずっと泣きどおしになった。

自分でも驚くほど大泣きしてしまった。

 

休校が解除になり、子どもたちが学校へ行くようになって、

元の状態に戻っただけのはずなのに、ものすごく寂しくて、

心細くて、どうしようもなくなってしまった。

ずっとあえなくなるわけでもないのだから、

何でそこまで寂しく感じてしまうのか、自分でもわからない。

 

そのせいもあるのか、月曜だからなのか、1日中体がだるく、

動悸がし、情緒も安定せず、仕事しながら何度も泣きだしそうになり、

心の中が、まるでかき回してしまったかのような荒れた状態で、

仕事内容もハードだったこともあって、ぐったりと疲れてしまった。

いつものおばさんがいたのも疲れた要因の一つだけど、

 

目で見ている事実と、妄想とを区別するように心掛けてたけど、

途中からなぜかとてもしんどくなってしまった。

長年の癖で自分責めする妄想癖がついているのと、

それを止めるための心がけ、意識を持続することを

はじめたばっかりで、慣れないから心が荒れたのかな。

 

自分を肯定する、ってこれもなかなかできない。

ほんの些細な事とかでも、自己否定する癖が長年染みついている。

このブログでは、いつも自分で自分の事を、

よく頑張って生きた、頑張って仕事へいけたとほめるようにしているけど、

まだまだ、意識下では肯定できていないのだな、と思う。

 

仕方ない、焦るな焦るな。しょうがない。っていうか、

初めうまくいかなくても当たり前だし、ここの所で自己否定しててもしょうがない。

事実今日はどっと疲れたけれど、本当によく頑張りぬいたと思う。

あれだけたくさん泣いてから仕事へ行って、体調もあんまりすぐれない中、

よく生きることが出来たと思う。よく生きているよな僕。

 

今週金曜の朝は心療内科の診察だ。飲めなかった薬の事も話そう。

この頃、抗不安薬も効いてない。完全に不安とか恐怖の方が強くて、

薬飲んでもほとんど効果を感じない。

ああ、自治会のこともあるのか、とても面倒だし、今の僕には負担が大きいな。

 

今は深夜1:00、静かだ。この静かな、わずかばかりのひと時が、

僕の心を癒す貴重な時間だ。眠らなくていいなら、いいのにな。

眠ってしまうと、朝になってしまうし、また仕事へ行かないといけない。

さっき帰宅したばかりなのに、目が覚めたらまたあそこへ行かないといけないなんて。

 

でも、帰宅すると、いつも息子が起きて待っていてくれる。

僕に気を遣ってくれているんだと思う。「

学校始まったんやし、先に寝ててくれていいんやで、

お父さんに気を遣ってくれてるんやな、ありがとう」、と息子には言ったけど、

いつも、息子は待っていてくれる。そんな息子の顔を早く見たいがために、

仕事が終わったら、大急ぎで帰って来る。

 

今日も、色々あったけど、もう忘れよう。子どもの顔も見れたし、

もうそれでOKだ。薬も飲んだ、仕方がないけど、そろそろ眠ろう。

きょうも、ほんまに頑張って生きたんやから。それでいい。それでいい。