愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

健康診断にいってきた

6月19日金曜日が終わった。今日は仕事は出勤調整が入り、実質休みになったこともあり、朝から健康管理センターへ健康診断にいってきた。

健康診断は当初7月1日水曜日の予定だったが、平日朝から行くのは嫌だったので、

急遽、今日に予約日を変更してもらった。

 

検尿・検便を持参し、バリウム、心電図、血液検査等、一通りの健診をしてきた。

視力がだいぶ落ちていたこと以外、これといって気になる点はなった。

朝から雨だったけど、仕事へ行かなくていい分、気分はあまり塞いでいなかった。

 

ただ検針が午前中いっぱいかかり、帰りに昼食を買いに寄ったスーパーの駐車場で、

車を出す時に支柱に車をこすってしまい、傷がついてしまった。

 

これで一気に気分が落ち込んでしまったのだけど、傷自体が浅かったこともあり、

以前から持っていた傷消しコンパウンドで目立たなくしたので、

それ以上、その傷つけたことを思い出したり、自分を責めるのをやめることにした。

 

健診後、飲んだバリウムで便秘になるのを防ぐためにもらった下剤のせいで、

ずっとお腹の調子がグルグルとおかしい。出勤調整日である今日にいってよかったと

つくづく思う。こんなおなかの調子がおかしい状態で、仕事に言っていたらと思うと

想像するだけで怖くなる。仕事中に漏らしてしまう可能性大だった。

 

一日すっきりしない雨の日だったけれど、やはり仕事へ行かない日だったので、

車に傷がついても、お腹の調子が悪くても、気分はそこまで沈むことはなかった。

妻や子供達の顔を見ることも出来たし、それで良かった。

 

今日は、それでよかったんだと思う。それでよかったんだ。

今もお腹の調子がよくない。まだグルグルいっている。下剤効きすぎ。

でもひとつ言えるのは、今日は早く過ぎてしまったように感じた。

やはり、仕事へ行っている日の時間の感じ方とは、まるで違うな。

 

でも、今日もこのブログを書く時間に、こうやって書いていられること、

その時間に一人静かにここにいられること、これは大切な、貴重なひと時。

 

眠ろう。懸案だった健康診断も終わらせられた。

今日もよく生きた。それでいい。それで充分。それで充分。