愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

目が覚めなければいいのに

7月5日日曜日が終わってしまった。結局今日は朝7:30から自治会の役員による河川敷と二つの公園の草刈りをやった。かなりの重労働で本当に疲れた。

薄曇りだったけれど、日焼けまでしてしまったので、皮膚がほてって暑い。

 

心に不安と恐怖が渦巻いている。いつも、この時間になると

寝逃げするために薬を飲む。でも毎回書いているけれど、寝ると、朝になるので、

仕事へ行かないといけない。それが本当に苦痛なんだ。

 

また毎日もだえ、号泣し、我慢し、苦しみながら生きる一週間になるのか。

ジェイゾロフトはまだ効いている感じしない。

怖いから、仕事の事を考えないようにしている。体が震えてくる。

何でこんなに不安でこうぃのか、自分でもわからない。

 

眠って、目が覚めなければいいのにと本当に思う。