愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

今日もなんとか生きたな、僕よ

7月7日火曜日がどうにか終わった。今朝はとても体がだるく、

気分も大きく塞いでいたので、とても起きづらかった。

孤独感と無力感と不安と怖さがいっぺんに襲って来て、

もだえ泣いて、発作的なその号泣がおさまるまで起きれなかった。

 

先週末の草刈り作業の疲れが今頃出ているのかもしれない。

非常に体がだるくて重い。困ったもんだよな、歳をとるってことは。

 

だるい体を抱えて大泣きしながら、仕事へ行った。

いつまでも、不安で怖くてしかたがない。

毎日毎日、同じことを繰り返している。

同じ所で足踏みしているのかな。

 

7月7日は七夕で、子どもが小さい時には笹を取りに行って、

短冊に願い事を書いて飾っていた。うちに限ったことじゃない、

小さい子供がいるうちなら、やっているところは多かった。

でも、もう、やらなくなったなあ。

 

今外は雨がやんでいる。九州はえらいことになっている。

梅雨の情緒もへったくれもない。

 

薬飲んだ。眠くなってきた。でもなあ、眠るとまた怖い朝なんだよな。

全然薬効いてないと思うんだが・・

明日はまだ水曜か。週の真ん中。まだまだ先は長い。

今日もなんとか生きたな、僕よ。えらいぞ、それでいい、それでOK。

そう、そうだよな、それでいいんだよな。