愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

せめて体は自由に動いてくれ

7月13日月曜日何とか終了。やはり月曜ということもあって、夜眠り浅く、

朝起きるのも辛く、不安と恐怖感が大きく、出勤まで号泣しっぱなしだった。

 

困ったことに、腰が痛い。数年前に結構なぎっくり腰をやってから、

腰の痛みが再発しないように、ウォーキングを毎日やるなど、気をつけていたけど、

不安障害とうつを患うようになってから、動く事、外に出る事自体が億劫になり、

歩くということをしなくなってしまった。筋力が落ちると腰が痛くなるのだ。

 

腰が痛いのはやばい。仕事が肉体労働だから、

意のままに動けないというのは致命的だ。仕事にならない。

 

しっかり眠りたいのに眠れない、おまけに腰までおかしくなるとは・・

何とか治ってくれ、心が壊れてしまった僕なんだから、せめて体は自由に動いてくれ。

 

ここのところ連日雨で散歩するにも出かけにくかったから、余計だな。

くそう、色々となんだか悔しい。

でも、薬飲んだ、週のはじめの日を何とか生き延びた、よくやったよ、僕。

腰だけ、治ってくれ、ひどくならないでくれ。頼む。