愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

せめて夢は優しく穏やかなものを

7月20日の月曜日、一週間のはじめの日が何とか終わった。

 

でも今日は蒸し暑い日だったし、朝から泣きどおしだったし、

出勤時も号泣で、仕事中も情緒が全く安定せず、心の中がぐらぐらで、

本当に精神的にも辛く、体的にもハードな仕事の日だったので、

とても疲れてしまった。

 

最近、妻が飲むお酢を買って来てくれていて、仕事から帰ると

まず、それを飲む。疲れている体に染み入るように、うまいと感じる。

 

それにしても今日は蒸し暑く、今年初めてエアコンを入れてしまった。

もうすこし入れないで行けるかなと思っていたけど、湿度の高い暑さは堪える。

 

今日はどうやら新月らしい。満月とか新月は体とかメンタルにも、

何らかの影響があるとかないとかいうから、今日は調子悪かったのかな。

 

ジェイゾロフトを一回二錠に増量されたので、今日は二錠飲んだ。

でも、ぜんぜん精神的に安定しないけどな。

 

ああ、とにかく疲れてしまった。不安定な心の状態で仕事をすると、

必要以上に神経をすり減らしてしまう。

 

今日も色んな事が不安で、怖くて泣いてばかりだったけど、

今日一日、何とか頑張って生きた。普通の人なら当たり前の事なんだろうけど、

僕は何とか生きた、頑張って生きた、という感じでいっぱいだ。

でもそれでいい、しょうがない。

 

もう寝よう、せめて夢は優しく穏やかなものを、願います。