愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

泣きながら、日々をしのいでいる

8月4日火曜日が終わった。遅く、短い夏休みに入った息子が家にいたから、

出勤前、大泣きするわけにはいかなかったから、ぐっとこらえて、

出勤時の車の中で泣いた。やはり、まだまだ怖い。不安と怖さは治らない。

 

この仕事前に、泣いてしまうこと、これ本当にしんどい。

発作的に不安と怖さが大きくなって感情失禁がおこる。

大泣きしながら仕事場まで行くから、落ち着くのにも時間がかかるし

落ち着くどころかぐらぐらのままで仕事することも多い。

全然、不安障害は治ってないなと思う。

 

今日は、仕事中ネガティブに落ちないように、仕事に集中して、

何も考えないように心掛けた。そうでもしないと、情緒がぐらぐらで

仕事がハードなのに加えて、心まで疲弊してしまうので、

体だけ動かすことに集中した。

 

毎日、次の日が怖い。どんな仕事をやらさせるんだろうという不安で、

怖さが全くぬぐえない。とにかく仕事が全く慣れない。もうじき半年になるのにな。

 

仕事帰り、子どもの頃のことを思い出して、泣いた。うちの猫の事、野良猫の事。

なぜか、悲しい思い出ばっかり連鎖的に思い出されてくる。

 

ごめんなって、思わず謝るけれど、いまさら謝ったところで、はるか昔の事なのにな。

謝ったってどうしようもないし、自己肯定感も下がるだけだよな。

 

未だ火曜日が終わったばっかり、というのが信じられない。かなりしんどい。

このごろ体力の落ち具合がきつい。

いや、今日は満月らしいから、疲れやすいのはそのせいにしておく方がいいか。

 

今日も薬は飲んだ。横になろう。早く今週終わって欲しい。

嫌な仕事が回ってきませんようにと、毎日祈っている。

泣きながら、日々をしのいでいる。よくやってる。そうやって、生きている。