愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

明日も怖いけど、きっと、きっと、大丈夫だと信じたい。

8月17日月曜日が終わった。休み明けの一発目の日、とても疲れた。

やはりというか、なんというか、朝起きるときも不安と恐怖が大きくなり、

泣きながら起床。出勤前・出勤時はボロ泣き。仕事中も情緒が安定せず、

泣きながら仕事をした。そして、すでに明日が怖い。

 

ふと、心療内科の診察券を見てみたら、すでに一年以上通っていることに気が付いた。

僕、もう、一年以上も「病気」なんだな、と思った。

一年以上もなおらない病気なんて、初めてだ。

不安とか、恐怖なんていう症状が出るなんて、もいい加減やめてほしい。

 

今朝も銀行へ行って住宅ローンの猶予の相談してきた。帰宅してソファで寝た。

僕にとって相当大きなストレス。心が押しつぶされそうになる。

そんな時、寝逃げしてしまうのだ。仕方ないと思っている。

 

とにかくしんどい一日だった。とても疲れた。心も体も一気にクタクタになった。

 

今、深夜1時5分。静かなこのひと時。一日のうちでこの時間にたどり着くことが出来るのは本当に貴重な癒しの時間。思いのたけを文字にして書き綴るだけのブログだけど、

心の潤いになる、温かいコメントまでいただけるから、本当に大切な場所と時間だ。

 

ああ疲れた、今日も本当によく生き抜いた。ストレス蕁麻疹がかゆい。

よく頑張った、よく生きた、しんどかったな、僕よ。

明日も怖いけど、きっと、きっと、大丈夫だと信じたい。