愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

前向きになれない自分を責めないで

8月21日土曜日が終わろうとしている。

毎週書いているけど、その都度すごく思う事なので、今夜も書くけれど、

休日は本当に時間が飛び去るように過ぎていってしまう。

 

今朝も中々起き上がることができなかったけれど、

家の掃除をし、犬のトイレシートなどの買い物にも行った。

 

心の中に張り付いた不安は浮いてきたり沈んだりしている。

日中に飲むはずだった抗不安薬と抗うつ薬は結局飲まなかった。

飲まずにいられたら、飲まずに行けるなら、という思いがあるから。

 

心から笑う、ということがない。どこかで冷めている自分が傍らにいる。

僕に今ある感情は悲しみだけなのかな、それだったらあまりにむなしい。

でもやっぱり、今日という日があまりに早く過ぎ去ってしまって、悲しみが大きい。

 

今夜もいつものように、このブログを書く時間にたどり着いている。

静かで、心の中の自分の声をきく時間。

心の疲れが大きいのか何なのか、ずっと眠い。

 

眠りたくない。明日になってしまうから。でも、眠くて仕方がない。

不安から逃げたい一心で、寝逃げしたいから。

前向きになれない自分を責めないで、今夜も何にも考えず、横になるしかない。