愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

もう一度、未来に希望を見出したい。

8月25日火曜日が終了。単純だけどきつい仕事だったから疲れた。

今朝は特に、起き上がることが出来なかったので参った。

いつまでも眠く、出勤前まで眠かったし、心の準備が出来ないまま

出勤時間になったので、また号泣してしまった。

 

仕事をしていて、昔の事をよく考えていることがある。

子どもたちがまだ小さかった頃、いろんな所へ行って遊んだこと。

経済的にも安定していて、お金の心配をしないで良かったこと。

自分がまだ、若かったということ。幸せを感じた過去の出来事。

 

対して、未来には何の希望もない、と感じている。

前向きになれるはずもない。未来はただ苦痛なだけだと感じている。

でも、変わらず家族は愛しいし、僕にとって一番大切なものには違いない。

 

心に灯がともらない。もう一度、未来に希望を見出したい。

だけど、未来を思う時、未だ、不安と恐怖が立ちはだかって、

僕を打ちのめしてくる。そして僕はただ泣き崩れるしかできないでいる。

 

ああ疲れたな。今日もまじめに薬飲んだ。

本当に最近疲れているのに、全然深い眠りに入れない。

何度も何度も目を覚ましてしまうから、起床時にとても起きづらい。

 

今日は銀行から電話があったらしい、また明日電話すると言ったそうだ。

今夜もブログを書くことが出来た。よかった。

今日も本当によく生きれた。僕、頑張りました。