愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

生きることの意味など問うてくれるな

10月12日月曜日が終わった。今日は朝から情緒不安定で泣きどおしだった。

今種も六連勤だし、幸先悪い。仕事もなんか機械の調子が悪く、

中途半端に現場を変わらされた。一日中気分が滅入って、

一刻も早く家に帰りたかった。

 

調子が悪い時、生きていることが本当に嫌になる。

仕事しているとき、かなり嫌な状態だった。

うまく言葉にできない。とにかくこの先を生きていく希望が全くないと感じるのだ。

 

いつも心にうっすらと、希死念慮がはりついているから、

精神的に調子が悪い時、ほんの些細な出来事でも、何もかもが嫌になる。

仕事の帰り、泣きながら帰って来た。

 

今も気分が落ちている。上司がケタケタと笑っていた。

そんなに面白いことがあるのだろか。僕は心の底から笑うことなどほぼない。

今日は調子悪い。うまく言葉にできないくらい、心が身動き取れない。

 

寝逃げするか。薬飲んだから、もう寝よう。

とにかくよく頑張って生きた、今日はしんどかった。ほんとうに、

生きることの意味など問うてくれるな、ただ生きればいいじゃないか。

生きることがとてもきついのに。