愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

明日に希望を見いだせないんだから

10月21日水曜日が終わった。週の真ん中水曜日で、疲れが来る。

朝もなんとか時間をかけて起き上がり、犬を散歩に連れ出した。

 

脳の働きを半分にしているかのように、何かを思いめぐらしたり、

先の事や昔の事を考えたりしない状態で、本当に目の前で起きていることだけ

それだけをみて生きて動いている感じだ。

 

生きている、という実感は少ないかもしれない。半分死んでいるのかもしれない。

今日も出勤時少し泣いた。でも少しになっただけえらい進歩だと思う。

もちろんまだ波があって、号泣する日も珍しくないし。

 

今週土曜はまた自治会の会合があるから憂鬱だ。

時々一人に押しつぶされそうになる。

 

パキシル、効いてるのか効いてないのかどっちなんだ。

全然気分が晴れることはない。でも考えたら当たり前だよな、

明日に希望を見いだせないんだから。

 

ああ疲れた、薬飲んだし、もう寝よう。

今日も本当によく頑張った、よく生きた。お疲れさま、僕。