愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

辛い一日だった、大泣きしてしまった

10月26日月曜日が終わった。10月も最終週、朝晩が冷えるようになった。

寒いのが嫌いなので、それだけでも憂鬱になる。

今日は朝から気分がいちじるしく落ち込んで、出勤時に号泣した。

ひとつとして、前向きになれることが浮かんでこず、

どんどん気分が沈んでしまった。しんどい一日だった。

 

ただ、仕事はもくもくと一人頑張ればいい仕事だったから、

まだ救われたと思う。それこそ目の前のことを淡々とやれば良かったので。

 

自分の子どもたちが、まだ小さかった頃の事を思い出して涙した。

もう一度、子どもたちを抱きしめたい、抱き上げたいと思っても、

もうそれは叶わぬ思いなんだなと思う。もう大きくなったし。

嬉しいことなのに、寂しさの方が勝ってしまっている。

 

この頃、寝る時間が遅いから朝起きるのも遅くなりがちで、

更に起き上がる時に苦労してしまう。今日はほんの少し早く寝るか。

今週金曜はまた朝から心療内科の診察日。今の薬、合ってないと思う。

 

ああ、辛い一日だった、大泣きしてしまったし。心がぐらぐらだった。

よく頑張って生きたなあ、今日も生き抜いた。お疲れさま、僕。