愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

何にもない日が愛おしくてたまらない

11月25日水曜日が終わった。なぜか一日中眠たい。

今日も朝起きるのに、かなり苦労した。

 

出勤時に襲ってくる不安と怖さは今日も相変わらずで、

いつも涙が出る交差点でまた泣いた。

 

この頃、本当に平凡で、何にもない日が愛おしくてたまらない。

歌の歌詞じゃないけど、何でもないようなことが幸せだと身にしみて感じる。

何にもない日、本当にこんな日が続けばいいと思う。

 

今日も仕事を終えて帰宅して、息子の顔を見ることが出来た。

それだけでぐっと生命エネルギーが戻るのがわかる。

 

半分死んでいるように生きている日々の中だけど、

穏やかに何にもなく過ごせる日常は、ほんとうに貴重だなと思う。

 

今日も何とか生きた。それでいい。薬も飲んだ。

そろそろ寝よう、疲れた。お疲れさま、僕よ。