愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

家族の役に立てればそれでいい

12月25日金曜日が終わった。今年のクリスマスはほんとうに味気ないものだった。

これだけコロナが蔓延してたら仕方がないんだけど、どこへも行けないし、

何にも出来ない。娘たちがちょっとカラオケ、なんてことすらできない。

 

今日は朝から心療内科受診し、いつもの薬を処方してもらって、金を払ってきた。

薬のためだけに、5分程度の診察を受けている。正直バカバカしい。

だけど、薬がないと強烈な不安が襲ってくるから、仕方がない。

 

今日も、目の前にある仕事だけの事を考え、一瞬でも先の事は考えないようにした。

もうそれしか、不安を遮るすべがない。

 

明日は朝から犬を風呂に入れて掃除をし、熱いコーヒーを飲む。

年賀状を書かなければいけない。明日半日かけて書こう。

 

何にも考えたくない。家族の役に立てればそれでいい。

今夜はこれで、もう寝ようと思う。今日もよく生きたと思う。

それでいいよな、それでいい。それでいいよって、言ってほしい。