愛のことば

51歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

罪悪感

1月21日木曜日が終わった。木曜日はやっぱり疲れが来る。

今朝も中々起き上がれなかった。出勤時、しばらくは平静を保っていたけど、

急に不安と恐怖が立ち上がって来て、また泣いた。

 

今日の仕事はまだ楽な方だったから、良しとしなければいけないと思う。

でも、考えまい、考えまいとしていても、無意識にいろいろと考えている。

 

そのうち、自分が悪いんだという罪悪感にさいなまれて、強い鬱状態が襲ってくる。

お金の問題さえ解決できれば、年老いていくことも許容できる。

 

そのお金の問題に飲み込まれて、身動きが取れないで、

何のアクションも起こせないでいる自分が、愛している家族を、

危機に直面させていると思うと、猛烈な罪悪感が襲ってくる。

 

銀行から電話がまだない。どうなっているんだろうか、もう一週間たつ。

早く連絡が欲しい。明日は朝から心療内科の診察日。朝早く起きなければ。

 

今日も生きた。今日も僕は生きたんだ。ああ、胸を張って、上を向いて生きたい。

いつもうつむいて悲しい生き方に涙するのは、しんどいよ。

 

薬飲んだしもうそろそろ横になろう。

おやすみ、僕よ、よく頑張った。お疲れ様。