愛のことば

51歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

僕はずっと、自分の弱さから逃げてきたのかもしれない

2月2日火曜日が終わった。今日も一日は長かったけど、昨日よりマシだった。

今日も出勤時、怖くて泣けてきた。号泣とまではいかなかったが、むせび泣いた。

 

今日の仕事はまだ良かったと思う。体動かしていれば何とかなる仕事だから。

ただ、やっぱりネガティブな事ばかり脳裏に浮かんでくるのは治らない。

そのたびにどんどん気分がふさいで、きつい鬱状態に落ちていくから厄介だ。

 

僕はこの歳になるまで、ただいたずらに時間を過ごしてきたのかな。

どこで道を間違えて、どの曲がり角を曲がり間違えて、ここへ来たのかな。

僕はずっと、自分の弱さから逃げてきたのかもしれない。

目をそらしてきたのかもしれない。

 

そしてそれは僕をずっと追いかけて来て、追い詰めたのかもしれない。

ああ疲れた。先の事が頭をかすめるだけで怖すぎて体が硬直する。

今夜ももう眠ろう。薬も飲んだ。寝逃げするしか僕にはできないのか。

ああ悲しいな、でも今日も何とか生きた。希望の光は見えるかな、

チャンスは巡って来るのかな。

 

もう眠ろう、今日も頑張った。お疲れさま、僕。