愛のことば

51歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

今日から3月か

3月1日月曜日が終わった。そうか、今日から3月か。自分で書いてはじめて自覚する。

休み明けの月曜日、心身ともに立ち上がりが悪い。鬱がとてもひどい。

ネガティブなイメージが頭を支配しそうになると、何も考えないように

考えをシャットアウトして、ただロボットのように体を動かすように仕事していた。

 

今日は出勤時の不安は大きかったが、号泣するようなことはなかった。

理由はなんでかわからないけれど。ただ、やっぱり怖さはものすごく強い。

大袈裟かもしれないけれど、ちょっとずつ命が削られているように感じる。

 

何で今の仕事だけじゃこんなに金が足りないのか、憤りを感じる。

仕事をしていて一刻も早く家に帰りたいと思う。でも、その家が、

僕のせいで、なくなってしまうかもしれない。

とてつもない恐怖が僕を襲う。

 

もうじき子どもたちの誕生日だ。また一つ大きくなるんだな。

嬉しいような寂しいような、複雑な気持ちだ。

 

今夜も薬飲んだ、早めに就寝しようと思う。

この頃また夢見が悪い。昨夜はまた動悸がしてたしな。

何とはなしに呼吸がしにくい。息が苦しい感じがする。

もう寝よう、疲れた。おつかれ様、僕よ、今日も生きた。