愛のことば

51歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

何もない、特に何にもない日々を過ごして生きたい。

3月14日日曜日が終わる。確実に日が過ぎていく。

自分に与えられた猶予が刻々と無くなっている。

その怖さから目をそらして今の僕は生きている。

いつまで現実から目をそらしていられるだろうか。

 

今日も自治会の会合があった。また来週21日午前中に

四月の総会資料の印刷に行かないといけない。とても面倒くさい。

他の役員はもう仕事がないというのに、僕の役はまだある、もううんざり。

 

金曜日にもらった薬を朝夕飲んでいる。頭が濁る感じがする。

また明日から一週間が始まる。そして一日一日、時間は過ぎていく。

 

今夜もそろそろ眠ろう。明日もいつものように仕事に出かけ、

いつものように仕事をし、いつものように夜帰宅したい。

何もない、特に何にもない日々を過ごして生きたい。