愛のことば

51歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

ずっと気分がふさいでいる

3月19日金曜日が終わった。今日は

出勤時も不安がむくむくと大きくなってきて、

いつものように泣いた。

 

仕事中もなんだか調子が悪く、

小さいミスをしたり、そのミスを指摘されたりと、

鬱がどんどんひどくなるような

そんな一日だった。

 

おまけに明日の午前中に実兄から電話がある予定になっている。

考えるだけで鬱陶しいし、憂鬱極まりない。死んでくれ、と思う。

 

動悸がおさまらない。ずっと気分がふさいでいる。

言葉にできない鬱屈したものが体の中にたまって淀んでいる。

とても、しんどい。

 

今夜も薬飲んだ、そろそろ横になろう。何も考えないで。