愛のことば

52歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

その日一日が平穏に過ぎるなら

9月21日火曜日が終わった。なんだかやっぱり休み明けはきついな。

出来るだけ疲労が重ならないように仕事したけど、長い一日だった。

 

その日一日が平穏に過ぎるなら、もうそれに越したことはない。

仕事をしていても、考えるのはそれだけだ。

厄介ごとや面倒なことは決して起こってほしくない。

 

仕事中のミスとかトラブルは本当に嫌なものだ。

それでなくとも心を閉ざして何も考えないで仕事だけしているから、

気分が落ちていくような出来事は願い下げなのだ。

 

今夜も何とかこの時間にたどり着いて、ブログを書いている。

今夜も外は静かだ。このひと時は貴重だ。

また午前二時を回った、そろそろ眠ろうと思う。

今日も生きた、お疲れ様よ、僕。