愛のことば

52歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

現実は変わってない。

9月28日火曜日が終わった。今日も鬱が心を覆って気持ちが重く、しんどかった。

今日の出勤時、泣いていたころの自分を思い出していた。

今は泣かないけれど、気分はふさいでいる。違いは、泣いていない、

ということだけ。

 

僕は更衣室のロッカーでも泣いていたし、仕事中も泣いていた。

泣きながら仕事をしていたあの時と今と、ほとんど状況に違いはない。

住宅ローンは相変わらず据え置き期間だし、ネットの仕事ははじめられたけれど、

まだまだ結果が付いてきていないし。

 

気持ちは焦る。ずっと焦っている。不安も恐怖も消えてない。

ずっと薬飲んでいる。だから薬が感情失禁を抑えたんだろうと思う。

薬が、泣くという感情の高ぶりを抑制しただけ。

現実は変わってない。

 

今日もこの深夜の時間にたどり着いたけど、このひと時は本当に短い。

心身ともにバランスを崩さないようにしたい気持ちは強い。

がんばらないといけないけれど、心も体も壊したくない。

今夜も午前二時になったら眠ろうと思う。

少しでも気持ちが前に向くようになりたいから。

 

疲れた、お疲れさま、僕よ。